プロミスの審査は多重債務者やブラックでも通るのか

大手消費者金融のプロミスは、総量規制の対象なので、「年収の3分の1以上の融資は不可」という制限を受けます。多重債務者の場合、この制限にひっかかる場合は法律的に融資が不可となります。この制限にひっかからなければ、比較的柔軟に審査をしてもらえるようです。さて、次にプロミスではブラックでも融資してもらえるのかについて解説します。消費者金融では銀行に比べて審査は柔軟で、過去の信用情報よりも現在の返済能力を重視する傾向があります。そのため、銀行に比べると過去に延滞があっても審査に通る可能性は高くなります。しかし、ブラックリストに載ってしまった状態では、大手消費者金融であるプロミスではかなり難しいでしょう。ブラックとなった原因が延滞だけで、それから2,3年が経過していて、現在は安定した収入があるといった場合なら融資をしてもらえる可能性もあります。その場合でも限度額は10万円などの小額になります。ブラックの情報はおよそ5年が経過すれば消えるので、それまではおとなしくしておいたほうが賢明でしょう。

プロミスの審査に通るコツは借入額にあり

プロミスは比較的審査に通りやすいキャッシングですが、通るコツを実践することで審査通過率は高まります。通るコツの基本は、無理のない借り入れをすることです。これはすべてのキャッシングに共通することであり、収入に対して無難な金額を設定する必要があります。審査に通過しやすい方は、年収の20%以内に抑えているものです。年収の3分の1まで借りることは可能ですが、それよりも少なく抑えたほうがいいのです。希望額を少なく設定することは誰でも可能な対策であり、プロミスでも非常に効果的なのです。プロミスに申し込みするときは、入力事項に誤りがないようにしてください。空欄が多すぎると融資不可となる可能性もありますし、虚偽の事実を入力するのは最もいけないことです。最近のキャッシングは嘘に対して厳しくなっており、年収をごまかすのは特にいけません。入力事項に不備があって借りられないケースは非常に多いため、入力内容を必ずチェックするようにしましょう。その他、プロミスの審査についてもっと知りたい人は「http://www.annaroser.com/」でチェックしてみてください。詳しく書かれているサイトとなっています。

信用情報に自信がない人でもプロミスの審査は通るのか

過去にクレジットカードやローンの支払いで滞納したことがあると、個人信用情報に「延滞」の記録がされていて、金融機関でお金を借りる時の審査に通らなくなります。金融機関からすれば、支払いを滞納する人は約束を守れない人だからお金を貸したくないというのも頷けます。消費者金融であるプロミスでは、過去の信用情報よりも現在の返済能力を重視する傾向があり、比較的柔軟な審査がなされるようです。信用情報に自信がない人にはプロミスはお勧めできる金融機関です。しかし、延滞が3ヶ月以上続いた場合や、代位弁済された場合、債務整理をした場合などは、いわゆるブラックリストに載った状態になっているので、しばらくは金融機関でお金を借りることは控えたほうがよいでしょう。比較的審査が柔軟なプロミスでもブラックの人はお金を借りることは厳しいようです。ブラックの情報はおよそ5年が経過すれば消えるので、それまでおとなしくしておいたほうが無難です。どうしてもお金を借りなければならない場合は、中小消費者金融で探してみるとよいでしょう。